スポンサードリンク

2009年02月08日

契約社員が退職した場合でも失業保険をもらえる場合があります。その際、雇用保険に加入していることが条件となります。


契約社員というのは、企業と期間やプロジェクトごとに契約をして仕事をするスタイルで、より自由なスタイルで働きたい人に人気があります。
契約社員と正社員の違いと言えば、正社員が期間を定めないで定年まで働くことを前提としているのに対して契約社員は1年など期間ごとの契約になります。
契約社員にはいくつかメリットがありますが、その中でも自分のスキルや資格を生かせる職場で働くことができるという点があります。
ただし、契約社員として働く場合は後から話が違うなどということの無いように、契約書をしっかりと確認し、口約束だけで契約をしてしまわないようにしましょう。
契約社員のデメリットには、会社とトラブルになってしまった時には自分で解決をしなければならないということがあります。 
契約社員でも社会保険に加入することは可能です。ただし、契約書で2ヶ月以上の雇用期間があることが前提です。
契約社員でもボーナスを支給する企業は少なくありません。とは言っても、正社員と比べるとやはり差は付くようです。
さて、契約社員の契約期間中でも退職は可能です。ただし、会社に迷惑がかからないような退職のしかたをするのは社会人として当然ですね。
契約社員が失業保険をもらうためには、1週間の就労時間が20時間以上あること、1年以上引き続き雇用される見込みがあることなどの条件を満たす必要があります。
契約社員の募集は自分で見つけることもできます。希望の企業の人事担当に直接電話をしてみると詳細を教えてくれるでしょう。
契約社員といっても、面説は自分を売り込む場ですからきちんとしたスーツを着ていくのが基本です。ただし、学生でもないのにリクルートスーツは避けましょう。
契約社員は人間的なしがらみがなく、気楽な印象をもたれていますが、会社としては立派な戦力のひとりとして採用しているわけですからその辺の自覚を持つことは大切です。
posted by 契約社員の契約期間 at 16:18| 契約期間との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
契約社員の契約期間中

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。