スポンサードリンク

2010年04月17日

ネットやリクルート雑誌にたくさん掲載されています

契約社員として採用された際には、自分のキャリアやスキルをアップするチャンスですから精一杯仕事をする自覚が必要です。さて、契約社員が契約期間内で退職をする場合、病気などのやむを得ない場合は契約を解除することができますが、「他の仕事をしたい」などの理由の場合は会社との話し合いで決定します。契約をする際にはその辺も含めて相談をすることで支給される企業もあります。ただし、学生でもないのにリクルートスーツは避けましょう。契約社員=ボーナスなし。

契約社員のメリットとしては、スキルによって評価をされるので特殊なスキルを持っていると給与が高くなるという点があります。契約社員というのは、正社員とは別に期間や給与などを個別の契約をして働く常勤の社員というのが一般的な定義です。契約社員といっても、面説は自分を売り込む場ですからきちんとしたスーツを着ていくのが基本です。ただし、契約書で2ヶ月以上の雇用期間があることが前提です。契約社員が失業保険をもらうためには、雇用保険に加入している期間が1年間で6ヶ月以上あることが条件とされます。

契約社員と正社員の違いというと、やはり契約期間でしょう。ではありません。契約社員の募集はネットやリクルート雑誌にたくさん掲載されています。正社員は基本的に定年までの契約になりますが、契約社員の場合は企業から延長の申し出が無い限り次の仕事を探さなければなりません。

。契約社員でも社会保険に加入することは可能です。職種別に探すと自分の希望の仕事を探しやすいでしょう。ただし、契約社員として働く場合には採用の際にしっかりと契約書を確認しておかないと自分の希望とは違ったなどのトラブルにもなり得ます。


posted by 契約社員の契約期間 at 23:59| 契約期間との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
契約社員の契約期間中

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。