スポンサードリンク

2010年08月06日

全企業に対しての割合では10%

契約社員が失業保険を受給するためには、1週間の労働時間が30時間以上の場合で就労期間が6ヶ月はあることが条件になります。契約社員だからと言って、完全にボーナスがないというわけではありません。さて、契約社員の契約は基本的に満期で終了することになっていますが、更新を希望しない場合はあらかじめその旨を確認しておいた方が良いでしょう。正社員が期間を定めない(定年まで)のに対して契約社員は1年など期間ごとの契約の場合がほとんどです。

全企業に対しての割合では10%超ですが、特に都市部ではもっと多いでしょう。ただし、契約社員として働く場合は後から話が違うなどということの無いように、契約書をしっかりと確認し、口約束だけで契約をしてしまわないようにしましょう。契約社員として採用されたのなら、自分のキャリアアップをする意味でも精一杯仕事をすることは社会人としての基本です。

契約社員が社会保険に加入したい場合には、会社の負担分も自分で払うように言われることもあるので注意が必要です。契約社員の面接では、自分ができる仕事や関わりたい部署などをはっきりを伝えることが大切です。契約社員のデメリットには、会社とトラブルになってしまった時には自分で解決をしなければならないということがあります。契約社員を雇用している企業が増えています。

契約社員のメリットとしては残業をすることがなく、ほとんどの場合定時で帰れることがあげられます。契約社員として働きたい企業が決まっている場合、募集を行っているかを電話などで直接問い合わせをしてみるのもよいでしょう。正社員ほどでなくても、支給される会社もあります。契約社員と正社員の違いで大きなところは、やはり雇用契約の期間でしょう。


posted by 契約社員の契約期間 at 13:35| 契約期間との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
契約社員の契約期間中

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。